株式会社Faro|香川県の相談支援事業所・訪問看護ステーション

多度津町の福祉サービス 相談支援事業所ポンテ/住み慣れたご自宅での生活サポート 訪問看護ステーション カーサ

ホーム ≫ 健康屋台トレーノ ≫

健康屋台Treno(トレーノ)

健康屋台とは

トレーノ
医療従事者等が屋台を引き、様々な場所でコーヒーやお茶を提供し、気軽に健康に関する相談をする活動の事です。
医療従事者であること、健康相談をしていることを前面に出すのでなく、何気ない会話の中から健康相談に応じます。
治療者と患者という関係性でなく、フラットな環境を重視し日常生活、コミュニティの中での医療との偶然の出会いをデザインします。

現在、コロナ禍の中で受診を控えられている方・もともと健康に関心の高くない方に対し、医療従事者が積極的に地域に出向くことで、健康に向き合うきっかけとしての役割を目指します。

Treno(トレーノ)とは

P1020008
Treno(トレーノ)はイタリア語で「汽車」を意味します。
名前の由来は、当社の所在地である多度津町は「四国鉄道発祥の地」であり駅前広場には「ハチロク」が展示されており、なくてはならない存在で地域から愛される存在です。

健康屋台Treno(トレーノ)も地域から愛され必要とされる存在になれるよう目指していきます。
Trenoロゴ
健康屋台Treno(トレーノ)は何気ない会話から健康相談に応じます。
地域の皆様との出会いのきっかけとしてコミュニケーションを大切にしています。
そんな観点から、ロゴは吹き出しのような形となっています。

また、Trenoの「no」は聴診器のマークとなっており、医療従事者であることのメッセージを含んでいます。

健康屋台Treno(トレーノ)活動について

開催頻度 月1~2回程度 不定期開催
参加者 医師・看護師等の医療従事者、介護従事者など
活動場所 駐車場・店舗スペース・公園・公共スペース
イベント参加など
対象 全ての世代の地域住民の方(利用条件なし)

健康屋台の利用にあたり参加費・会費・ご予約などは必要ありません。

多度津町・多度津町教育委員会の後援承認をいただき活動しています!

健康屋台Treno(トレーノ)のお問い合わせはこちら

ただいま当取組みにご賛同いただける方を募集中です!

  • 活動場所をご提供いただける方
  • 一緒に健康屋台活動にご参加いただける医療従事者等の方
  • 使用物品(コーヒー豆、紙コップなど)寄付いただける方

サイドメニュー

モバイルサイト

株式会社FaroスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら